スポンサーサイト

      posted at -------- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末最後のご挨拶

      posted at 2011-12-30 (Fri) 18:30:00
今年度もモトヴァントBlogをご覧下さり

誠にありがとうございました

2011年は全ての日本人にとって

激動の一年だったと思います。

しかし、来年は・・・いいえ、

明日は今日より、そして今日は昨日よりも

もっと素晴らしい1日であるように、と

前向きな姿勢で生きていくことが

この世に残された我々の生きる道なのではないでしょうか?

モトヴァントも、2011年よりも

もっと良い店になれる様、頑張ります

今年一年、ありがとうございました

チラシ1


新年は1月5日より営業致します!
スポンサーサイト

東京モーターショー番外編

      posted at 2011-12-24 (Sat) 19:00:00
先日まで開催されていた東京モーターショーで
展示されていた多数のバイクの中から、
ちょっと班長Tが気になったバイクを
ピックアップしてお届けするミニ企画!



Xmasプレゼントとして
キャンギャルの写真を・・・











キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!












と思ったアナタ、
モトヴァントBlogを読み足りません!

班長TはドSなんです!



残念ながら
オマケはレーサー写真館です!


その1
ホンダ・RC212V
ホンダが今年のmotoGP・世界選手権タイトルを
久々に獲得した世界最高峰のレーサーです

これだけバイクが寝ている様に展示してのは、
タイヤのグリップ力がハンパ無いのをアピールしてるんです!
・・・たぶん

RCV.jpg


その2
ホンダ・NSF250
来年からのモトGPの最小排気量クラス用に
ホンダが開発した250ccレーサーです
200万諭吉で世界への挑戦権がアナタにも買えます!

NSF.jpg


その3
ヤマハ・YZF-M1
ヤマハのバイクってホントにキレイなんです
塗装やデザインの全てがホンダとは雲泥の差・・・

この角度から見たシートカウルの美しさにウットリ・・・
太くて黒光りした”タイヤ”の猛々しさにもウットリ・・・

M1.jpg


ホントにコレで打ち止めです!

MerryXmas!!

今週の入荷情報! 12月23日版

      posted at 2011-12-23 (Fri) 00:00:00
本日は天皇陛下の誕生日です。

魔の3連休ですが、
皆様、予定はお決まり
DEATHか?


さて、今年最後の入荷情報です!
モトヴァントからXmasプレゼントを大放出!!
今なら更に、24日限定でご成約記念に
”LONELY NIGHT”のお供をプレゼント!!

返品は
永久に不可です!


それでは早速紹介していきましょう!

1・ホンダ クレアスクーピー
まっかなおっはなっのー♪
となかいさーんーはー♪

X1.jpg


2・スズキ アドレスV125G
いっつもみーんなのー♪

X2.jpg


3・スズキ アドレスV125G
わぁらぁいもーのー♪

X3.jpg


4・ヤマハ シグナスX
でもっそのっとっしのー♪
くりすますーのーひー♪

X4.jpg


5・ホンダ フュージョンX
さんたのおーじーさんがー♪
いいまーしーたー♪

X5.jpg







MerryXmas!!






X6.jpg

注意一秒怪我一生!
火遊びは程ほどにな!!



お後がホントによろしくないようで・・・
Have a good weekend!!

東京モーターショーで話題のバイク その3

      posted at 2011-12-21 (Wed) 08:00:00
先日まで開催されていた東京モーターショーで
展示されていた多数のバイクの中から、
ちょっと班長Tが気になったバイクを
ピックアップしてお届けするミニ企画!

今回は、来年のトレンドになりそうな
250ccオフロードを2台取り上げます!

まずはその1!
ヤマハ・XTW250”RYO-KU(陵駆)”

セロー/トリッカー系の扱いやすいエンジンに
TW225譲りのファットタイヤを履かせた
アウトドア&オフロード車LOVEの方に向けたモデル!

ryoku1.jpg


展示車は、オプション装備を付けた仕様だと思いますが、
耐久マシンの様な装備にアウトドア向けのACアダプターなど
荷物満載してキャンプへ、そして北海道へ向かうには最高ですね!

早く市販して下さいm(_ _)m

ryoku2.jpg



その2!
ホンダ・CRF250L

XR250の廃盤から早数年・・・
その間に某Y社のレーサーもどきや、某K社の人気モデル
ずーっと辛酸を舐めさせられて来たホンダさん
よーやくフルサイズのオフロード車が復活です!

CRF1.jpg


開発責任者の方のインタビューをご覧になって欲しいのですが、
決してコストダウンだけを主眼に置いたバイクじゃないです!
気軽にオフロードを楽しんで貰いたい、という
最近のホンダの方向性として、乗ってナンボのもんじゃい!という
攻めの姿勢が出ているバイクですね

CRF2.jpg


性能的にはWR>KLX>CRFでしょうが、
維持コストを考えると十二分に価格以上に楽しめるバイクだと思います!

で、価格はいつ発表になるんですかね?>某H社K君


他にも楽しそうなバイクはありましたが、
もうそろそろ終わって時間も経ってしまったので、割愛!
実車を見たい方は、来春のモーターサイクルショーに行きましょう!

東京モーターショーで話題のバイク その2

      posted at 2011-12-19 (Mon) 08:00:00
先日まで開催されていた東京モーターショーで
展示されていた多数のバイクの中から、
ちょっと班長Tが気になったバイクを
ピックアップしてお届けするミニ企画!


その2は、待ち望んでいる方が多いであろう
原付2種クラスで荷台がしっかりあるスクーター
「BENLY110カスタマイズコンセプト」をお届けします!

ベンリイ1


某Y社のギアと骨肉のビジネス戦線を戦っている
ホンダのベンリイですが、ヤマハが手をこまねいている間に
サクっと要望の多い125ccクラスに進出しそうな雰囲気です!

まだ通常バージョンの市販予定すら発表していないのに
いきなりコンセプト版とはいえ、カスタマイズの方向性を
提示するような展示は斬新すぎますね!

ベンリイ2


で、いつ出るんですかね?
次回は、班長Tお気に入りを2台まとめてお届けします

あと一回、続く!

事件は現場で起こっているんだ!

      posted at 2011-12-18 (Sun) 00:00:00
昨夜はKC庁の一斉取締り日でした
季節の変わり目になると、モトヴァントの近所にも
チェックポイントが開設される事が多いんです

検問1


今回は、いつにも増して気合が入っているなと思ったら
捏造チャンネルT●Sの取材が入ってました

新品Pが「突破の瞬間をスクープしたい?」
「役に立とうか?」と交渉しましたが、
どうやら手持ちが無かったらしく、残念ながら不成立でした

検問2


世田谷通りの守護神・新品Pとしては
KC庁の皆様だけに「交通安全」活動をさせては
申し訳ないとの気持ちがムクムクと沸いてきたそうです

検問3


という事で、KC庁の方々と共に
「飲酒運転」「整備不良」の撲滅のため、
一緒に啓蒙活動を行ってきました!

検問4


ライト切れなどの整備不良は違反点1
罰金は6000円!
しかも整備した後で警察署に出頭して
改善した事を見せなくてはならない場合もあります!

酒気帯び運転は違反点25!
一発で免許取り消し
免許取得が出来ない欠格期間がある上に
罰金50万円!
更に交通事故なんか起こした日には
トリプル役満で刑務所直行!人生ノーマネーでフィニッシュです

これくらいイイや、というちょっとした気の緩みで、
痛い目に遭いますよ!忙しい年末こそ気をつけましょう!!

モトヴァントは深夜までやっている場合が多々あります
アブない故障は放置しないでいつでも相談して下さい!
新品P曰く、
「ウチのお客様に限ってそんな事はないっ!!」
・・・もし、そんな事があった時には・・・


P.S. 昨夜は一台ドナドナされて逝きました・・・

今週の入荷情報! 12月16日版

      posted at 2011-12-16 (Fri) 00:00:00
早いもので、今年もあと2週間
あっという間に1年が過ぎ去ろうとしています

・・・先週の3番、まだ売れてないんですよ
いや、3番というより付属品の方が売れてないのが
大問題なんですけど、どうなんでしょう?
なんか、昨年も似た様な事を言っていたかもしれません
忘却するのが人間だもの!


さて、来週末はダメ人間自由人限定企画で
傷の舐め合い秘策イベントを画策中です!
呼び出しがあった人は必ず参加!
抜け駆け厳禁で宜しくお願い致します



今週の入荷情報ですか?
そろそろ始めますか?_じゃあ始めます

1・ホンダ スーパディオ
サタンクロースが何で赤いか知ってます?

新品P:返り血だろ?

某スカっとさわやかな黒い炭酸ジュースの広告で
そこのメーカーの色使ったから赤いんですよ!

コカコーラ

新品P:ソリを曳くのはケルベロス!


2・スズキ アドレスV50
Sweet10ホニャララとか、永遠の輝き!などと
イメージCMをバンバン流してる某ジューイッシュな企業は
世界のダイヤ市場を牛耳っているので、
広告料なんて在って無い様なものです

The Great Star of Africa


3・ヤマハ YZF-R6
何に憤っているのかと申しますと、本当に良いモノは
自分ので見て・触れて・体験して初めて理解できるンです
思い込みやウワサに惑わされてはダメなんです!

かのユダヤヨーダ師も言っていました

Don’t think… feel…
(考えるな、感じろ)

SW


Do. Or do not. There is no try.
(やるかやらないかだ、試しなどいらない)

という事で、ご来店お待ちしています
モトヴァントでForceを感じて下さい!

The Force is with you, always

東京モーターショーで話題のバイク その1

      posted at 2011-12-14 (Wed) 18:00:00
先週日曜まで開催されていた東京モーターショーで
展示されていた多数のバイクの中から、
ちょっと班長Tが気になったバイクを
ピックアップしてお届けするミニ企画!

その1は、モトヴァントの女性客の皆さんからの
人気が高かった「ヤマハ・Y125もえぎ」をお届けします!

もえぎ1


ヤマハ初の2輪車である「YA-1」のデザインをモチーフに
自転車のような親しみやすさを持たせたバイク、との事です

ちなみに、当時YA-1の製造は一台一台全て手作業で作られ、
ピアノの様に物凄く手の込んだ「芸術品」のようなバイクだったそうです

現在のヤマハのバイクが「至高の芸術品」の様に
品質と商品力を持っている事をアピールするにはピッタリですね!

もえぎ2


・・・で、発売はいつなのでしょうか?
女性ライダーはこういうカワイイだけじゃないバイクを
待ち望んでいると思いますよ!

このままでは価格の問題などで市販出来ないにせよ、
こういうアイデンティティを強く感じさせるバイクが
もっと増えて欲しいと思います!

次回に続く!

Emotional ”Pure” Sports!

      posted at 2011-12-12 (Mon) 12:12:12
ヤマハは今年、ロードレース世界選手権(motoGP)に
参戦して50周年を迎えました!

50thlogo.jpg


昨年の覇者の証、#1をつけたホルヘ・ロレンソを筆頭に
4人のヤマハライダーが参戦しました
残念ながら、ライダー個人・メーカー・チームの3冠を
ホンダに奪われてしまいましたが、新人王タイトルは
モンスターヤマハのクラッチロー選手が獲得しました

wp0015.jpg


ロレンソが終盤戦に転倒によるケガで戦線離脱するまで
圧倒的な戦闘力のホンダに唯一ヤマハだけが対抗できたのは
ヤマハのレーサー・YZF-M1が優れていたからでしょう
その性能の高さは、最終戦に特別に参戦した日本とアメリカの
市販車選手権ライダーがいきなり上位入賞した点からも伺えます!

ただし、いくら市販車選手権のライダーが優れていても
普段使っているレーサーと違うバイク、知らないサーキットで
いきなり上位に入賞するのは至難の技です
M1が扱いやすいレーサーである証でもありますね!

M1R.jpg


その
M1の技術を市販車で受け継いだのが、
今回モデルチェンジされるYZF-R1です!
写真は120台限定で発売される50周年記念カラーです!

R1R.jpg


前回紹介したCBR1000RRが車体そのものの技術で
技量に劣るライダーをアシストしてくれるのに対し、
R1の最大の特徴は、motoGPで培われたデジタル制御です!

特に今回の目玉となるのがTCS(トラクションコントロール)
アクセル操作に対し、リアタイヤが滑ったりして車体が危険な反応を
示しそうになった時に、コンピューターが自動でアクセル調整してくれます!

yzf-r1_pic_001.jpg


例えば下の写真のように、リアタイアの限界を超えて
アクセルを捻ってしまっても、危ないとR1が判断した時には
パワーがそれ以上出ないんです!
オマケに元々のパワーリミットを3段階で調整できるから
自分の力量に合わせてR1を楽しむ事が出来るんです!

419832599.jpg


バイクを操る楽しみ、そして自分の技術が向上していく喜び
技量のあるライダーには馬力制限のある国内仕様はバカにされがちですが、
誰だって最初は初心者です!
いきなり危険なバイクに乗っても
感動する前に恐怖しか無いですよ!


ぜひ、思いのままにバイクに乗る楽しさや感動を
一緒に味わいませんか?

wp0011.jpg

残念ながら、R1を買ってもグリッドガールは付属しません!
でも、将来レーサーになったら付いてくるかも知れませんYo!!

ご相談・ご予約お待ちしています!!

変わらない形。変わる世界。

      posted at 2011-12-10 (Sat) 22:00:00
昨夜、スズキから突如の事ながら
電動スクーター発売のお知らせがありました

東京モーターショーにて参考出品されていた
スズキとパナソニック・SANYOの共同プロジェクト
e-let’sが正式に発表になりました

Elets.jpg


元々、世界一長持ちする乾電池「EVOLTA」を持つパナソニックと
自然放電しにくい充電電池「eneloop」を持つSANYOが合併したのは
21世紀の電気ビジネスを視野に入れての事と言われています
今後はこういった異業種共同プロジェクトが加速していくんでしょうね


閑話休題
新品Pの兄者はパナソニックの研究者!
新品PのPはパナソニックのP!!
新品Pの家電は全てパナソニック!!!!
新品Pはパナソニック贔屓!!


技術面もe-let’sはスゴいんです!
例えば、減速時に発電した電力をバッテリーに戻す回生充電は
既に新幹線などの最新鋭電車やハイブリッドカーでは
当たり前になった省エネ技術なんですが、
それを50ccスクーターのメットインに収められるほどに
小型化した技術がスゴいんです!

111209-01-02.jpg


既存の2輪メーカーが持つ車体の技術に
世界トップレベルの電池技術を組み込んだ
純国産の新世代スクーター
誕生と言えるでしょう!

もちろん、まだまだ一回の満充電で走れるのが
30km程との事ですから、航続距離は短いですが
そこにスズキの隠し玉!
なんと予備バッテリーがシート下に積めちゃいます!
もしくは充電器を積む事も出来るので、
出先や職場で4時間ほど充電して帰る事も出来ちゃいます!

Elets2.jpg

・・・ちょっとお家のリビングには異様な光景ですが
家庭用の普通のコンセントで充電できちゃうのも魅力です!
余計な投資を一切する事なく、明日から省エネ生活が始められます!


閑話休題2
新品Pの妹はコンセントにクリップを差し込み、
極度の筋弛緩状態になった経験があるそうです
それを3m離れた所から見た新品Pも筋弛緩状態・・・

電気は大切にねっ!Byデンコ

Elets3.jpg

気になるお値段は
スタンダードなe-let'sが¥312,900!
予備バッテリ付のe-let'sWが¥396,900!!
高い!高すぎるよ・・・と思いきや
補助金も結構もらえるみたいなんですよ!


スズキの営業I氏からは何の連絡も頂いておりませんが、
勝手に予約受付始めちゃいます!
ご相談お待ちしています!!


追伸
アントニオ・P・バンデラスのPもry

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。