スポンサーサイト

      posted at -------- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

’12 motoGPプレイバック! Vol.12

      posted at 2012-10-29 (Mon) 12:00:00
班長Tの独断と偏見に満ちたmotoGPレビュー!
今回は昨日行われた第17戦の模様です!

Rd.17 オーストラリアGP(フィリップアイランド)
超高速な上にテクニックを要求される
正に世界GPに相応しい品格を備えた伝統のコースです

32.jpg

世界一サーキットの風景が美しいオーストラリア・メルボルン沖の
小さな島で行われるレースとして世界でも屈指の人気を誇ります

12フィリップ島

#1ストーナーは、今年で引退してしまいますが、
2度の世界タイトルの偉業を記念して得意中の得意としていた
このコースの第3コーナーがストーナーコーナーと命名されました
・・・こういうイベントは引退後にやれよ!ホントに引退しちゃうだろ!!

ストーナーコーナー

今年もストーナがタイトル争いの2人より0.5秒も
圧倒的に早いタイムで予選TOPを獲得しました!

12オーストラリア予選

そして、迎えた決勝
1周目で3位に落ちるものの、2ラップ目に1位に返り咲くと
後は異次元の速さで一人旅、6年連続でストーナーが優勝し
最後の雄姿を見ようと詰め掛けた母国のファンに別れを告げました

コレだけ速いのに燃え尽きちゃうのは勿体無い!
マジで引退を止めて欲しい!!

12オーストラリア決勝2


さて、班長Tにはどうでも良くても
他の人には肝心のタイトル争いの方ですが、
1周目、TOPに立った#26ダニは逆転タイトルの可能性に賭け
先行逃げ切りの得意パターンに持ち込もうとします
しかし、2周目
またやらかした・・・
やっぱダニじゃエースはムリだ!


12オーストラリア決勝1

コレでタイトル獲得が決定した#99ロレンソは
無理してストーナーを追う必要もありません
余裕の2位で自身4度目、最高峰2度目の世界タイトルを獲得!
今年一番安定していた上に現在6勝!当然の結果です!

12オーストラリア決勝3


表彰台では健闘をたたえ合う面々の清々しい笑顔がありました
3位は、今年一番成長しているヤマハサブのクラッチローが入りました
3大エナジードリンクメーカー揃い踏みの図ですね

12オーストラリア表彰台

さて、タイトル争いも終結したので
最終戦はランク確定の為にガッチガチのバトルが見れそうです
アホの子ダニも、地元スペインで最後にキッチリ最多勝を狙うでしょう
ストーナーも自身のラストレースで優勝を狙うでしょう
そして、新王者ロレンソにとっても地元スペインでの凱旋レース
波乱ばかりだった1年の締めくくりに相応しいレースを期待しましょう!

最終戦バレンシアGPは
11月11日に行われます!
スポンサーサイト

’12 motoGPプレイバック! Vol.11

      posted at 2012-10-28 (Sun) 18:00:00
班長Tの独断と偏見に満ちたmotoGPレビュー!
今回は終盤戦の第15-16戦の模様です!

前回までのあらすじ
天才ストーナーが引退を発表し、ケガで欠場
王者を賭けたホンダ・ヤマハのエース対決となってます

Rd15 日本GP (栃木県ツインリンクもてぎ)

年に一度のメーカーお膝元対決!
各メーカーとも必ず勝ちに行きたい天王山の一戦です

motegi.jpg

レース前にヤマハワークスの2名のライダーは
静岡にあるヤマハ発動機の本社を訪問しました
展示のバラエティは、さすがヤマハ!
左下には昨冬の記事で登場した「FX Nytro」が飾られてますね

12ワークス訪問

ケガで長期欠場していた#1ストーナーがようやく復帰しました
来日前には、エース同士のバチバチの対決の蚊帳の外にいる
ストーナーが「ダニのサポートはしない!」と明言しているので
今回も二人の直接対決となりそうな予感です

12もてぎ会見

決勝は、逃げる#99ロレンソを差した#26ダニの勝ち!
でもポイント差は28!一回でもロレンソが転倒したら追いつけますが、
なんせロレンソはムリに勝たなくて良いのでありえないでしょう

12もてぎ表彰台

そんな大勢の決まったチャンプ争いよりも期待していたのが、
ヤマハの全日本選手権ライダー中須賀克行選手の参戦でした!

12もてぎ中須賀1

予選は有力ライダー達に埋もれて11位と奮いませんでしたが、
決勝ではドゥカティワークスの元王者・ニッキーヘイデンを
最初から最後まで突っつき倒して9位!
最終戦にもスポット参戦が決定したので頑張って欲しい!

12もてぎ中須賀2


Rd.16 マレーシアGP(セパンサーキット)
モータースポーツ大好きなマレーシアの王族が
国際空港の隣に巨大資本を投入して作り上げた世界でも
最高の施設を誇るサーキットです
毎年冬のオフシーズン中のテストはココがメイン会場です

75.jpg

目の上のタンコブ・ストーナーがいなくなり
自分の思い通りのマシンが仕上がってきた#26ダニ
予選も絶好調で、最速タイムを連発してTOPを奪取しました

12マレーシア予選

しかし、決勝はさすが熱帯!一気にスコールがやってきました
こうなると、小柄でマシンを抑えられないダニには圧倒的に不利です

12マレーシア決勝

しかし、ツキというのは一度やってくると簡単には逃げないようで、
あまりに強烈な雨はダニの体格的ハンディキャップを埋めてくれました
ホンダ贅の選んだタイヤが雨に向いていたのも功を奏して
なんとダニが自身初の3連勝!波に乗っちゃったね
#99ロレンソは我慢の2位で、辛抱のレースが続きます
それでも、ポイント差は残り2レースで23!もうムリポ!!
3位は復調した#1ストーナーが久々に獲得しました

12マレーシア表彰台

さて、本日夜には第17戦オーストラリアGPが放映されます!
関東ローカルですけどね・・・
実は、既にXXXX(以下、自主規制!

明日に続く!!

恒例ツーリング秋の陣 ’12後編

      posted at 2012-10-27 (Sat) 10:00:00
全壊のあらすじ
K太郎に釣られてD次郎も・・・
RVFの魔力は恐ろしい!
詳しく知りたい方はコチラをクリック!


さて、埼玉県の小鹿野町まで
班長Tの食べたかった「わらじかつ丼」を
食べに行ったツーリングの後編です

フツーに食べたら美味しいカツ丼も
”テラめし”になると話は別です!
カラダはBigでも胃袋は小さいK太郎君
我々2バカとお揃いのテラめしの前に
再び顔面蒼白です
・・・罰ゲームではありません
単に班長Tからの罰デス!

東大門3


お腹も満たした我々は、日が暮れる前に
高速道路にたどり着きたい、と予定を変更して
「秩父高原牧場」へのワインディングを諦め、
一路、花園インターから関越道に乗るルートに変更です

その途中、連邦の白い悪魔のようなトラックが
あっという間に我々とすれ違ったのはまた別の話です・・・

軽い渋滞を抜けて高坂PAに到着した時には
既に辺りも暗くなってきた頃となってしまいました
多少、疲れが見えてきた面々の中で
相変わらず岐阜のS様は顔を隠し続けます

S様:2人と違って髪形が崩れているのは許せないんです!

・・・それはゲーハーな班長Tに対する挑戦状でしょうか?

復路1

高坂PAから先は渋滞が激しくなるので、
初心者組とベテラン組に分かれて解散となりました
初心者組は先頭から順にHID!HID!!HID!!!
周りの車に自分の存在に気付いて貰うには最適デス♪

K太郎:Tさんのオデコより眩しいから安心です!

復路2

さて、ココからは友人K君が激写した
初心者グループの皆さんの雄姿をお届けします!
※フツーは運転中は運転に集中しましょう!!

まずはモンゴリアンからバリオスにレベルアップしたO君!
ライディング中の姿勢をアドバイスしたので、
凄い丁寧な乗り方になってますね♪

復路3


FTR223で初参加のMちゃん!
今回は申し訳ない事に、もう1名の女性が急病で紅一点でした
班長Tのマンツーマンセクハラ指導で
メキメキ乗り方が良くなったので、今後が楽しみです

復路4


数年ぶりの復帰となったS様は、高速を使ったツーリングが
したいとのご希望でニンジャ250Rを選ばれました
ガンガン乗り込んで、早く大型にステップアップしましょうね!

復路5


そして、今回のツーリングで一番話題に上がったのが
N様と愛機のFZ1フェザー!
「あの記事は嘘ばっかりだ!」と言いつつも、
皆に羨ましがられて、ナニゲにうれしそうだったね!と書くと
また名誉毀損だ!って言われそうで怖いです

復路6


さて、アノ2台のバイクはどうなったのか!?
気になっている参加者の皆様、ご安心下さい
2人とも無事にローンレンジャースとして復活する予定です!

次回の企画も楽しみにしていて下さい!
ご参加ありがとうございました!!

今週の入荷情報! 10月26日版

      posted at 2012-10-26 (Fri) 00:15:30
今月最後の入荷情報です!
・・・ツーリング記事の後編は週末です!
待ちくたびれた、という声が届いてますが
無視して早速バイクの紹介にまいりましょう


1・ホンダ TODAY
1番打者はいつもの・・・ではありません!
FIです!F1ではありません!
ギロッポンにお似合いのブラウンメタリックです!!

AF671025.jpg


2・ヤマハ ビーノ
ねずみ色に輝くアスファルトが~♪とか書いちゃうと
カスラックにこってり絞られるらしいです
懐かしい初代ビーノ!人気のワインレッド!

P1060182.jpg


3・ホンダ ズーマー?
中身はズーマーですが、外観はズーマーではありません
答えが気になる方は楽天市場店へGo!

AF581025.jpg


4・ホンダ ジュリオ
正直に言います。並べる前から商談してしまいました。
マジで変態ホイホイです。いつも即、売れてしまいます。
ホントに好きな方、お待ちしています!

AF521025.jpg


5・ホンダ スーパーカブ110
最新モデルが早くも入荷です!人気のベージュです
ブ●は三日で慣れるとはよく言ったものです・・・ってコラッ!!
実際、走りは意外にスグレモノです♪

C1101025.jpg


6・ホンダ フォーサイトEX
今週の目玉商品!ひっさびさにキレイな中古を発見!
この時期嬉しいグリップヒーター付!キャリアも付いてます
お探しの方、価格的にもチャンスですよ~

P1060181.jpg

久々に見つけられたキレイなモノばかりを
取り揃えてみた今週の入荷情報でしたね
朝晩が急に冷え込んできたオカゲで、一気に価格が
グググっと下がった今は絶好のチャンス!
欲しいモノがあったらお早めに!

ご連絡・ご相談お待ちしています!!

恒例ツーリング秋の陣’12 前編

      posted at 2012-10-24 (Wed) 01:00:00
ベテランK君の命令で企画された今回のツーリング
・・・まさか、まさかの怒涛の展開となりました
あまりにもネタ満載過ぎて、写真が追いつきませんでした

なので、今回は班長Tにとってのツーリングのお楽しみ
「お昼ドキ」までの時間の流れを遡ります・・・


朝7時、集合時間に班長Tがやってくると
既に10名以上のお客様が集合済み・・・やる気満々です

珍しく、出発10分前に全員集合してしまい
前日風邪を引いた2名と、睡魔に勝てなかった1名の
計3名の脱落者を除いた13名で出発しました

環7から青梅街道を通り、所沢に着くまでに
予定では2時間かかるつもりだったのが、
1時間半で着いてしまうほど快適なツーリングでした

まずは第1休憩ポイントでエネルギー補給です

休憩1

A先輩にバイクの調子を尋ねる人、
他の参加者の大型バイクに興味深々な人、
スマホがお友達な人・・・それぞれの休憩風景です
画面左端の方は不審者ではありません!!


所沢を抜け、国道299に入ると道路の両側が森になってきました
まだ午前中は肌寒いほどの気温です
しっかり厚着してきてね!とお願いしたのが功を奏しました

往路1


飯能の街を抜け、スポーツ車に乗られた方は楽しいワインディングです
初心者グループは渓流沿いの道をノンビリ楽しみながら走りました
第2休憩ポイントは山の中の「道の駅果樹公園あしがくぼ」です

D次郎君のミミヨリ情報で、イチゴが丸ごと入った
ジェラートを探しに逝くものの、あいにく売れ切れ!
・・・仕方ないので「いちごみるく」のジェラートにしました

休憩2


さて、小腹も満たした所で
次は昼食だ!・・・と思ったら
予定を大いに上回る嬉しい誤算でした
時間つぶしにA先輩の提案で、群馬と埼玉の県境にある
「恐竜の足跡」を見に行く事にします

往路2

・・・恐竜の足跡を見に逝くついでに何か達(複数形)が逝きました

あえてその話題には「今は」触れずに
お昼ごはんの模様へと進みます

やってきたのは小鹿野町にある「焼肉 東大門」
・・・ツーリングで焼肉かよ、という突っ込み、残念っ!

小鹿野町のB級グルメである「わらじカツ丼」を
お腹いっぱい楽しんで貰うべく、前日に予約までする
班長Tの食に掛ける意欲!これぞモトヴァント愛!!

岐阜のプリンスS様:Tさん!そろそろ大食いやめましょう!!

東大門1

しかし、実食前の評判の悪さとは裏腹に
食べてみると中々美味しいではないですか!
この時点で班長Tのツーリングはほぼ終了です

一方、和やかに食事を楽しむ人達の中に、
まだ見ぬUMAに怯えるA先輩とK太郎の姿がありました・・・

後編に続く!

今週の入荷情報! 10月19日版

      posted at 2012-10-19 (Fri) 00:00:00
今週の入荷情報です

こんばんは、班長Tです

只今の時刻は夜12時を廻りました

今週もオススメのバイクを取り揃えております

まさによりどりミドリでございます

この前フリにオチはありません

それでは早速紹介していきましょう


1・ヤマハ JOGアプリオ
軽くて速い2stスクーターです
アクセル満開で発進すると、前タイヤが空を飛びます!

AP1017.jpg

(カツラも)飛びます飛びます!Byオヅラさん

2・ホンダ DIO
ド定番のTodayの兄弟車なので、頑丈さはピカドンです
ちょっとオサレなメタリック×ブラウンで秋にピッタリ!

AF621017.jpg


3・ホンダ マツコDX
Smart:知的な・洗練された
DIO:そこにシビレる憧れるぅぅぅぅ

AF571017.jpg


4・スズキ アドレスV50
速さの代名詞・アドレスシリーズの末弟です
しかし、なぜアドレスって名前付けたんでしょう?

CA441017.jpg

5・ヤマハ YB-1っぽいなにか
ヤマハ純正のYBっぽい50ccです
コレを知ってる方はかなりヤマハ通です

YB501017.jpg

6・ホンダ PCX
P:プライベートC:コミューターX:新型を表す記号
ホントにエコ時代の通勤にはピッタリな1台でオススメです

PCX1017.jpg

今週は、アシにピッタリなバイク達をピックアップしました

モトヴァントは安いだけの粗悪な現状販売は致しておりません

先日も、他店の「ノークレーム・ノーリターン」の激安現状車に

泣かされた男の子の相談を受けました

一度、騙されたと思ってモトヴァントの展示車を見に来て下さい

A先輩が寝る間を惜しんで整備した極上車ばかりです!

今週も長く大事にして貰いたいので頑張りました!

それでは、ご来店・ご相談お待ちしています!!

’12 タビビトの記 その4

      posted at 2012-10-17 (Wed) 12:00:00
前回のあらすじ
班長Tはパルプンテを唱えた!
N木様は大型バイクを買ってしまった!
A先輩は混乱している!
・・・真実を知りたい方はコチラをクリック!


さて、ヤマハの大型ツアラー「FZ1フェザーGT」を
購入されたN木様
ウキウキした気分で休日に
”ちょっとそこまで”お出かけしてきたそうです

写真を分けて、と班長Tがお願いしたら
「全部送るのメンドくさいからWebにアップしました」と
優しいメールが届いたので、適当にチョイスして
適当なコメントをつけてみようと思います


1枚目
どこか山道の途中ですね
イキナリ峠を攻めに逝くその姿勢!
”草食系”な方には見習って欲しいです!

IMG_1625.jpg

2枚目
どこかの山奥の観光地でしょうか?
それよりもFZ1の右奥の建物の
足場のテキトー感に目を奪われます

IMG_1636.jpg

3枚目
・・・ん?なんだか秋のツーリングの目的地に似ている気がします
マイナスイオンが画面から感じられますかムリですかそうですか

IMG_1655.jpg


4枚目
どこかの峠のお茶屋さんで休憩したのでしょう
休憩と言えば、ソフトクリーム!異論は認めません

IMG_1658.jpg

5枚目
合角(ロッカク)ダムという看板が見えました
どうやら西秩父桃湖に行ったのですね
元知事の長女の名前が付けられたある意味いわく付の
有名観光スポットらしいです(wiki調べ)

IMG_1666.jpg

6枚目
最後の1枚はご自宅到着後の写真でした
無事1000km走破で慣らし運転完了です!
後は心行くまでロングツーリングを楽しんでください♪

IMG_1697.jpg

さて、今週日曜は
モトヴァント恒例ツーリング秋の陣です
目指す場所は、この記事と同じく秩父です!!
詳細はこちらの記事を参照して下さい
既に参加表明されている方も含めて
最終確認のお電話をA&Tでさせて貰ってます
連絡が来ていない方は必ずお電話下さいね!

ご参加、よろしくお願いします!!

IMG_1689.jpg

’12 タビビトノ記 その3

      posted at 2012-10-15 (Mon) 15:15:15
前回のカブ編はコチラをクリック!


4年前、まだ学生だった頃にフラリと現れて
「なんとなく」という理由で
「なんでもできる」400ccネイキッドを
購入されたN木様

今回は、N木様がモトヴァントの洗脳を喰らってしまい
あれよあれよとニューマシンへ乗り換えてしまったお話しです

FZ1GTZRX.jpg


夏の始まりのある日の事でした
A先輩からの12ヶ月点検のオススメで点検の為に
暑っい中をわざわざ城東の方から来てくださったN木様
ふと、話題はN木様が大型免許を取得されたお話しになりました

全裸 大型ネイキッド好きのA先輩が
そんな話をスルーする訳も無く(ただし、仕事の話はよくスルー)
キッチリと班長Tへとキラーパスが通ります

班長TがN木様の興味のある機種を尋ねると
「ヤマハのFZ1ってどう?」

・・・内心、ほくそ笑みましたとも
「キター(AA略」

なぜなら、以前の記事でもオススメしましたが
班長Tが国内メーカーの現行ラインナップの中から
大型バイクで何でも出来る1台として選ぶならコレ最強っ!

FZ11.jpg

しかし、N木様の一番の懸案事項は
マニー:Money
先走り汁 先立つ玉(ギョク)が無ければ買えません・・・

その瞬間、悪魔が囁きかけてきました
「お金が無いなら
借りればいいじゃない」

Byマリーアントワネット

・・・ピッコーン!

いつもローンでお世話になっている
オリエントコーポレーション様で提案している
返済額が自由に変更出来るタイプの
ニューバジェットローン」なら
ムリする事なくローンが組めて、なおかつ
お金に振り回されてバイクを楽しめなくなる心配もない!

そうと決まれば後は洗脳あるのみっ!

新品P直伝のシャクティパットで
2時間後、N木様の手にはしっかり
ローン契約書が握られていました


・・・という流れがウソかホントかは
Blogを読んでくださる方の判断にお任せしますが、
N木様の憧れの1台として選んで貰ったのは
ヤマハの高速ツアラー「FZ1フェザーGT」でした

FZGT1.jpg

ビキニスタイルのFZ1フェザーに高速走行時に
風を巻き込まない様、更に大型のカウルを取り付けて
長時間の運転をラクに楽しんで貰える1台です

なにより、「とにかく軽い!」
A先輩が昔乗っていた某社のBIG1に比べると
ホントに雲泥の差です!技術の進歩って恐ろしい・・・

ETCにスマホ用のUSBアダプターも納車整備で
取り付けましたので、旅に出る準備は万全です

さっそく、慣らし運転を兼ねて旅に出られたそうです
後編に続く

班長Tが選ぶ日本GP名勝負!!

      posted at 2012-10-13 (Sat) 10:00:00
いよいよ今週日曜はmotoGPの第15戦
日本GPの決勝が行われます!!

コースとなるのは、栃木県にある「ツインリンクもてぎ」
低~高速までバランスに富み、テクニックが必要なサーキットです

その為、毎年白熱したバトルが繰り広げられるのですが、
15年のもてぎでのGPの歴史の中で、班長Tにとって
一番の名勝負だったのは、2000年のGPでした

ココで今回の主役となる2人を紹介します
表彰台の中央、00年のGPを制したのは
ホンダの若きエース、故・加藤大治郎選手

そして、その左脇で憔悴しきっているのは
当時のヤマハ期待の日本人ライダーにして
現在TVなどで解説者として活躍されている
中野真矢選手です

00-01.jpg

まずは加藤大治郎選手の紹介です
1997年に全日本選手権でタイトルを獲得しつつも、
2回タイトルを取らないと世界選手権に上れないホンダ陣営で
将来のGPスターとして脚光を浴びていました

99年の全日本選手権で2度目のチャンピオン争いを演じ、
翌00年、満を期して世界選手権への参戦を開始します
開幕戦から優勝争いを展開すると、慣れないコースに苦しみながらも
序々に成績を上げ、ラスト2戦となった日本GP前には
年間チャンプをホンダ勢で唯一狙えるランク3位に位置していました

愛機となるホンダワークスのNSR250
98年のモデルチェンジが歴史的失敗作で、全く勝てないバイクに
なってしまったのを、大治郎が苦労しながら改良したバイクなのです
その為、00年当時のマシンの総合性能はヤマハに劣るものの
マシンとライダーのバランスは決して劣っていませんでした

NSR250-00.jpg


もう一方の中野真矢選手も紹介します
ヤマハと共に98年の全日本選手権を制覇した中野選手は
翌99年、世界選手権へと挑戦を開始します
一年目から優勝争いの常連となり、一躍ヤマハのホープとして
世界チャンピオンを期待される存在だったのです

「ハンドリングのヤマハ」と言われるように、パワーよりも
総合力でホンダを凌ぐ性能を持っていたワークスマシン
YZR250は大治郎にとってのNSRと同様に
中野の世界最高峰での戦いにふさわしい武器となっていたのです

2000_yzr250_slideshow_169.jpg

前哨戦
99年の全日本選手権の最終戦もてぎラウンド
年間チャンプを掛けて優勝を目指していた大治郎に対して、
ヤマハは世界選手権に参戦していた中野を呼び戻して
当時タイトル争いをしていたヤマハの松戸のサポートを命じます
大治郎の優勝を中野が阻止さえ出来れば、ポイントで追いつけないので
松戸の全日本タイトルが決まります

決勝戦は前年の覇者の証、ゼッケン1を付けた中野と大治郎の
2人だけのマッチレースが展開されました
しかし、コースレコードを更新しながら前を走る大治郎に
中野をもってしても太刀打ちが出来ず、
仕方なくヤマハは中野をリタイアさせて松戸を2位にする事で
大治郎と同ポイントで首位に並ばせられる様にしたのです

その結果、
2人は同ポイント・同一優勝数、同一表彰台獲得数で並びます
しかし松戸は前年ランク3位で大治郎はランク8位だった為、
ルールによって松戸が全日本タイトルを獲得しました

後年、全ての当事者だったライダー達が
「あの年の本当のチャンプは大治郎」と言う様に
全員が苦い思いを抱えたレースだったのです

99-11.jpg

そして2000年
因縁の世界GPもてぎラウンド

昨年、お互いに苦い思いを残したツインリンクもてぎに
2人は世界タイトルを賭けた戦いを挑む為に戻ってきました

中野のチームメイトがランキング1位で中野が2位、
そして大治郎がランク3位で、この3人のみが
世界チャンプの可能性を残していました

予選から大治郎と中野が激しくも静かなバトルを展開
そして、全てのセッションでTOPを維持した大治郎が予選1位、
そしてその数メートル後方のグリッド2位に中野が入りました

00-10.jpg

迎えた決勝戦は異様な展開となりました
スタート後に一瞬中野が前に出た以外は常に大治郎が前、
そして1秒以内に中野がピタっと張り付いたまま離れません

一方、前を走る大治郎も追いかける目標がない難しい状況で
自分の理想の走りだけを追求してタイムを縮めていきます
とうとう、2人は予選のタイムよりも早いラップを刻み始めます
誰も2人に付いていけない極限のバトルでした

後に中野はこう感想を漏らしています
「レース中、周りの風景がゆっくり流れるように見えた。
それくらい集中していた。それでも勝てなかった。」

最終的に2人のゴール時点のタイム差は0.707秒
まさに予選グリッドの距離の差だけが開いていた”だけ”でした

00-04.jpg

こんな激しい戦いが目の前で繰り広げられるのを
年に1度だけ生で見られる凄いチャンスなんです!

時間があるならもてぎに行こう!
絶対にその価値は十二分にありますよ!!
・・・ムリな人は、日本テレビの生放送か
ホンダ・ヤマハ本社での生中継でお楽しみ下さい

来年こそ・・・来年こそは絶対に行きたい!

今週の入荷情報! 10月12日版

      posted at 2012-10-12 (Fri) 00:00:00
今週も入荷情報のお時間がやってまいりました

最近、朝晩の冷え込みがハゲしくなってきて

ただでさえ薄い頭皮が更に刺激(以下省略




さて、今週の入荷情報です
今週は久々に新品Pがちょっと変り種のMT車を
セレクトしてきました
気軽な街乗りでも楽しい気分を味わえる逸品バイクです!
それでは早速いってみましょう!

1・ホンダ スーパーディオ
「SUPER」という単語が日本人に受け入れられたのは
「スーパーマン」と「スーパーディオ」のオカゲらしいです

P1050291.jpg


2・ホンダ スペイシー
マイケルジャクソン主演だった某ネズミーランドの
アトラクションに通じる80年代的な名前ですね

JF131011.jpg


3・スズキ アドレス110
スズキの意欲作は後世にならないと認められない典型その1
某P●Xがコンセプトをモロパクリして大人気なのは皮肉ですね

ad1011.jpg


4・スズキ ボルティー
スズキの意欲作は後世にならないと認められない典型その2
某・関西出身の女性歌手がデビュー前に乗り回してました

P1050290.jpg


5・ホンダ XLR80
今週の超・目玉商品!2種×MT!!超おもろぉぉぉぉぉぉぉ!!!!
昔、タマ川の河川敷でコイツと一緒にジャンプ台から落ちました(実話)

xlr1011.jpg


いかがでしたか?
単なる通勤・通学路でも、一味スパイスを加えるだけで
とっても美味しいカレーになります!
モトヴァント一の快楽主義者・Tとしては、
ありきたりなバイクで我慢をするなら、いっそド派手に
パァァァァァァっっとお金を使って頂いて、
そしてバイクに乗る人生を楽しんで貰いたい!

アナタも一度入ったら抜けられない
底なしのドロドロバイク沼にハマってみませんか?
案外、雨でも楽しく思えてきたらホンモノです♪

ご来店・ご相談いつでもお待ちしています!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。