スポンサーサイト

      posted at -------- (--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠の王者、カムバック!

      posted at 2012-12-26 (Wed) 10:00:00
先日、青山にあるホンダ旧本社の一角に
1台のバイクが展示されていました

※12月28日現在、また展示されているそうです

CRF450X1.jpg

このバイクの名前は「CRF450X RALLY
そして、このオフロード耐久レーサーが出場するのは
来年1月に開幕する、世界一の耐久レース「ダカールラリー」です

かつてはフランス・パリからアフリカ西端のセネガル・ダカールまでを
2週間以上かけて戦い続け、500台以上の参加者のうち
半数以下のマシンしかたどり着けない、と言われる程の過酷なレースでした

ところが2000年代に入り、通過するアフリカの地域の治安悪化にともない
レース開催地はアフリカから南米へと移ってしまいました
しかし、世界一過酷なレースの名を引き継ぐ意味で「ダカールラリー」の名は
いまだに使われ続けているんです

Dakar2013.jpg

ホンダはかつて、最強の市販車アフリカツインの軍団で
パリダカを4連覇した事がありましたが、1989年を最後に
ワークスチームとしての参加を取りやめていました

しかし、世界的なオフロードブーム再燃の流れがあるようで
北米や欧州のホンダの要請で、HRCが実に23年ぶりに
耐久レースの世界に戻ってくる事になったのが、今年の1月の事でした

そこからのHRCの動きは実に早いモノでしたが、
モトクロスレース用に開発されたCRF450R(例・成田のマシン)と
耐久レース用に開発されたCRF450Xは名前の末尾が違うだけでも
エンジンの性格も耐久性も別物なんです

CRF450X5.jpg


更にホンダさんの本気度がうかがい知れるのが
市販車のCRF450Xをベースにしている、とは言いつつも
共通しているのは「チェンジペダル」だけ!全て別物だそうです!

CRF450X2.jpg

しかし、ワークスマシンを開発してからの市販車化はお手の物!
このマシンのデータを引き継いだプライベートチーム用のマシンも
来年には発売されるそうなので、その気になればアナタも
ダカールラリーに参戦できますよ!
・・・お馴染みのセリフですが、応援はします!

CRF450X3.jpg

広大な砂漠の中に幾度と無く現れる巨大な砂丘を駆け上がったり

モロッコラリー2

見渡す限り、クレーターと岩以外に何も無い荒野をかっ飛ばしたり

モロッコラリー3

砂漠をひた走る耐久ラリーは世界最高の精神力の戦いでもあるんです
だからこそ、一度でも参戦したライダーは再びラリーを目指すそうです

かつてパリダカに参加したあるライダーに班長Tは聞いた事があるのです
「砂漠で走りながら見る月はこの世のモノとは思えない位に美しい」と

モロッコラリー4

この素晴らしい戦いの模様はCS放送のJsports
1月6日からチェックしてみてください!
日本語版の公式サイトはコチラをクリック!
関連記事
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。